No.19 幸せな人生を送るための哲学 : 3つ

おすすめ

上記のファイルは翻訳ファイルです!


みなさんこんにちは~
運動を始めたくても、始めないチャニです!運動をすることは身体や精神に肯定的な影響しか及ぼしません(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎。例えば身体面では運動による発汗作用が体の老廃物を体外に出し免疫力を上げたり、精神面ではうつ病の予防対策にもなり、良いことしかありません!だけど、自分はしません(=^▽^)σ。本当に気分屋なのでしたい時にするという感じです!運動は本当に心身ともに良いことしか起きないので、皆さんは適度な運動をしてみてくださいね!!!

今回は「幸福の哲学」についての内容です。プレゼンターはProgeria(プロジェリア :ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群または HGPSはとても珍しい子どもの遺伝子病で、“老い”を早め、死に至る病気)の遺伝子病を持つ、サム・バーンズです。彼は2014年1月17日、17歳の若さで亡くなりました。普通なら13歳ぐらいで亡くなる子どもたちが多い中、彼は17歳まで生きました。その17年という時間の中で、彼が見出した「幸福の哲学」は現代の私たちに本当に必要な教えだと感じます。また、彼の英語は発音が良く聞き取りやすい上、単語も高校生程度の簡単に理解できるものが多いので、ぜひ英語学習に役立ててください。

 

それではTEDから「My philosophy for a happy life 」のタイトルでSam Bernsのプレゼンから英語を学んでいこうと思います!

 

  1. 内容
    1. サム・バーンズの幸せな人生を送るための哲学 : 3つ
      1. どうしてもできないことがあっても、できることが山ほどあるから大丈夫
      2. 自分が一緒にいたいと思う質の高い人達といること
      3. 前に進み続けること
    2. サム・バーンズの物事に対する考えの転換点
  2. 要約
    1. サム・バーンズの幸せな人生を送るための哲学 : 3つ
      1. どうしてもできないことがあっても、できることが山ほどあるから大丈夫 : 目の前に立ちはだかる障害でななく、彼は情熱を傾けていることを通して「できること」に意識を向けるようにしている。「できない」ではなくどのようにすればできるようになるか、調整したり角度を変えて考えている。
      2. 自分が一緒にいたいと思う人達といること : 彼がとても幸運に感じるのは、素晴らしい家族や友達に囲まれていること。彼らは外見ではなく中身で繋がっており、必要とあらばお互いを助け合える仲で、バンドグループのようなグループが本物で、誠実で、プロジェリアの存在に勝るとしている。そして彼は、私たちに家族や友達、コミュニティに感謝して大切にし、自分のためにもそれらのものを愛するように教えました。なぜならそういった人達こそ、日常生活の要で真に素晴らしいポジティブな影響を与えてくれるから。
      3. 前に進み続けること : 常に楽しみになる何かや、人生を豊かにする目標として頑張れるものを持つようにしている。それは大きな目標でなくても良く、些細やことで良い。彼はこのようなことが彼に無駄な事を考えさせず、輝かしい未来があるんだと思わせ、困難を乗り越えさせてくれる、助けになると信じています。さらに彼はこのようなメンタリティーは前向きな精神でいることも含み、自己憐憫をして、エネルギーを無駄にしないよう努めている。また気分が優れない時はそれを無視する訳ではなく、受け止めることでそれを認めて、乗り越えるために必要なことをする。さらに彼は世界を変えていく努力をすることで、彼は幸せになると言います。
    2. サム・バーンズの物事に対する考えの転換点 : 米ケーブルテレビ放送局HBOが彼と家族について『Life According to Sam』というドキュメンタリー番組の制作を始めました。そこで彼の物事に対する考え方が変わりました。将来の進路に反映されるように成熟しているものもあったが、その間も変わらなかったものもあるとしています。それは彼のメンタリティーや人生観です。時には勇敢になることが必要ですが、いつも簡単なわけではありません。時には尻込みしたり、へこむ日もあります。でも彼は勇敢になることはもともと簡単じゃないんだと気づきました。そしてこれこそが彼はこれが前に進んでいくための秘訣だと私たちに教えます。彼は自己憐憫でエネルギーを無駄にしません。一緒に過ごしたい人達に囲まれて前に進み続けます。彼の哲学で私たちも障壁の大きさに関わらず、とても幸せな人生を送って欲しいと願い、プレゼンを終えました。 
  3. 最後に

内容

サム・バーンズの幸せな人生を送るための哲学 : 3つ

どうしてもできないことがあっても、できることが山ほどあるから大丈夫

彼はよくプロジェリアが生活に負担をかけているかどうかについての質問を受けて来ました。その答えは普段考えていることにプロジェリアは含まれていません。目の前に立ちはだかる障害を無視しているという意味ではなく、その代わりに彼は情熱を傾けていることを通して「できること」に意識を向けるようにしているのです。「できない」ではなくどのようにすればできるようになるか、調整したり角度を変えて考えているのです。

 

自分が一緒にいたいと思う質の高い人達といること

彼がとても幸運に感じるのは、素晴らしい家族に囲まれていることだとしています。さらに本当に恵まれているのは学校のとても親しい友人達で、お互い一緒にいることを
心から楽しんでいて、必要とあらばお互いを助け合える仲だそうです。彼は友達とバンドグループに属しており、彼は皆で一緒に作り上げる音楽が本物で、誠実で、プロジェリアの存在に勝るとしています。彼らは外見ではなく中身で繋がっており、彼に人生にポジティブな影響を与え、彼も彼らの人生によい影響を与えたいと感謝しています。


そして彼は、私たちに家族や友達、コミュニティに感謝して大切にし、自分のためにもそれらのものを愛するように教えました。なぜならそういった人達こそ、日常生活の要で真に素晴らしいポジティブな影響を与えてくれるからです。

 

前に進み続けること

彼は常に楽しみになる何かや、人生を豊かにする目標として頑張れるものを持つようにしています。それは大きな目標でなくても良く、友達と遊ぶやことや次の高校のサッカー試合を応援しに行くなどの些細なことで良いそうです。彼はこのようなことが彼に無駄な事を考えさせず、輝かしい未来があるんだと思わせ、困難を乗り越えさせてくれる、助けになると信じています。さらに彼はこのようなメンタリティーは前向きな精神でいることも含み、自己憐憫をして、エネルギーを無駄にしないよう努めています。

また、彼は気分が優れない時はそれを無視する訳ではなく、むしろ受け入れるようしています。受け止めることでそれを認めて、乗り越えるために必要なことをするそうです。

彼は小さいころから、世界をより良い世界にすることを夢見て、エンジニアになることを目指していたそうです。ですがフランシス・コリンズと2人で話を交わした後、彼は将来どんな職業に就こうと世界を変えることができると信じるようになりました。世界を変えていく努力をすることで彼は幸せになると言います。

 

サム・バーンズの物事に対する考えの転換点

米ケーブルテレビ放送局HBOが彼と家族について『Life According to Sam』というドキュメンタリー番組の制作を始めました。そこで彼の物事に対する考え方が変わりました。将来の進路に反映されるように成熟しているといいのですが、でもその間も変わらなかったものもあるとしています。それは彼のメンタリティーや人生観です。下記は彼の人生観を表す引用です

 

“病気については遺伝学上のものだと分かってイメージが変わりました。それまでは色んなことをやるのを妨げる障壁、子供達が亡くなる原因、人々を苦しめる漠然とした「モノ」として見ていましたが、今では細胞の成長を阻止する「体内の異常なタンパク質」だと
考えるようになりました。ですから、これで肩の荷がおりました。プロジェリアを抽象的なものとして、考える必要が無くなったからです。”

 

これら全ての哲学は、ひどく具合が悪くなり気管支炎で数日間の入院を余儀なくされました時に彼の中で生まれたものです。病気になり自分にアイデンティティを与えてくれた、人生の様々な側面から隔離されてしまいました。でも回復するんだと分かり、また調子が良くなることを心待ちにすることが前に進んでいく彼の背中を後押ししました。

時には勇敢になることが必要ですが、いつも簡単なわけではありません。時には尻込みしたり、へこむ日もあります。でも彼は勇敢になることはもともと簡単じゃないんだと気づきました。そしてこれこそが彼はこれが前に進んでいくための秘訣だと私たちに教えます。彼は自己憐憫でエネルギーを無駄にしません。一緒に過ごしたい人達に囲まれて前に進み続けます。彼の哲学で私たちも障壁の大きさに関わらず、とても幸せな人生を送って欲しいと願い、プレゼンを終えました。 

 

要約

サム・バーンズの幸せな人生を送るための哲学 : 3つ

どうしてもできないことがあっても、できることが山ほどあるから大丈夫 : 目の前に立ちはだかる障害でななく、彼は情熱を傾けていることを通して「できること」に意識を向けるようにしている。「できない」ではなくどのようにすればできるようになるか、調整したり角度を変えて考えている。

 

自分が一緒にいたいと思う人達といること : 彼がとても幸運に感じるのは、素晴らしい家族や友達に囲まれていること。彼らは外見ではなく中身で繋がっており、必要とあらばお互いを助け合える仲で、バンドグループのようなグループが本物で、誠実で、プロジェリアの存在に勝るとしている。そして彼は、私たちに家族や友達、コミュニティに感謝して大切にし、自分のためにもそれらのものを愛するように教えました。なぜならそういった人達こそ、日常生活の要で真に素晴らしいポジティブな影響を与えてくれるから。

 

前に進み続けること : 常に楽しみになる何かや、人生を豊かにする目標として頑張れるものを持つようにしている。それは大きな目標でなくても良く、些細やことで良い。彼はこのようなことが彼に無駄な事を考えさせず、輝かしい未来があるんだと思わせ、困難を乗り越えさせてくれる、助けになると信じています。さらに彼はこのようなメンタリティーは前向きな精神でいることも含み、自己憐憫をして、エネルギーを無駄にしないよう努めている。また気分が優れない時はそれを無視する訳ではなく、受け止めることでそれを認めて、乗り越えるために必要なことをする。さらに彼は世界を変えていく努力をすることで、彼は幸せになると言います。

 

サム・バーンズの物事に対する考えの転換点 : 米ケーブルテレビ放送局HBOが彼と家族について『Life According to Sam』というドキュメンタリー番組の制作を始めました。そこで彼の物事に対する考え方が変わりました。将来の進路に反映されるように成熟しているものもあったが、その間も変わらなかったものもあるとしています。それは彼のメンタリティーや人生観です。時には勇敢になることが必要ですが、いつも簡単なわけではありません。時には尻込みしたり、へこむ日もあります。でも彼は勇敢になることはもともと簡単じゃないんだと気づきました。そしてこれこそが彼はこれが前に進んでいくための秘訣だと私たちに教えます。彼は自己憐憫でエネルギーを無駄にしません。一緒に過ごしたい人達に囲まれて前に進み続けます。彼の哲学で私たちも障壁の大きさに関わらず、とても幸せな人生を送って欲しいと願い、プレゼンを終えました。 

 

最後に

17年と言えば長く感じるかもしれません。ですが、生まれてから17年というのはあっという間です。彼はその生涯を17歳という若さで終えました。その中で彼は彼なりの「幸福の哲学」を見出しました。その「幸福の哲学」は非常にシンプルで、「肯定的な人間関係を持つこと」です。これは心理学実験でも立証されていることです。

私たちは幸福というのを直感でわかっているはずです。人を不幸にするのは人ですが、人を幸福にするのも人なんです。人間関係が難しいのはわかります。お互いが相手のことを知ろうとし、損得も裏表もない素直な心をなぜ私たちは待てないのでしょう?違いますね。私たちはすでにその心を持っているはずです。生まれながらの悪人はいません。それぞれ個人が問題を抱えているのはわかりますが、相手だけでなく自分にも優しくありましょう。優しさは光であり、温もりです。その優しさが世界を包む時、初めて平和というのがなされると私はそう思っています。もしあなたが不幸で不安を感じるなら、肯定的な人間関係を作りましょう。待っていてはなにも起きません。行動することによって全ては成し遂げられます。残酷に聞こえるかもしれませんが、これさえ乗り越えてしまえばあなたが求めるものが手に入ります。

どのような人生を生きるのかはあなた次第です。あなたが選択します。幸せを感じたかったら肯定的な人間関係を作ることです。できないことはありません。優しくありましょう。私も頑張るので、皆さんもともに頑張りましょう!٩( ‘ω’ )و じゃ bye bye (@^^)/~~~

 

 

 

TED talkによる英語学習がおすすめな理由 10選
200本以上のTED talkを見た僕が、TEDによる英語学習がおすすめな理由を10選紹介いたします。

 

マルチリンガルのTOEFL 110点+ 攻略法
TOEFLを勉強するのに、何を参考にすればいいか困っていませんか?この記事はTOEFL対策を目的として、30以上のサイトやYoutube、公式TOEFLサイトからの助言とマルチリンガルである自分の言語学習の経験をベースにしています。

 

References – YouTube.com
thumbnail – YouTube.com

Comment

タイトルとURLをコピーしました